初めてご利用の方へ

“居抜き”とは?

居抜きについて

居抜きとは、内装・備品が残っている状態のことです。飲食店で例えると、以前営業していたお店が使用していた壁、天井、カウンターなどの造作、厨房機器、排水・排気設備、エアコン、テーブル、椅

スケルトンについて

上記、造作、厨房設備がない状態をスケルトン状態といい、以前はスケルトン状態で借り、造作を一から造ることが一般的でした

居抜きとは?

造作譲渡料(店舗資産譲渡料)

居抜き店舗には無償で残っている内装・備品を取得し使用できる店舗と、内装・備品の対価として造作譲渡料が発生する店舗があります。造作譲渡料が発生する店舗の多くはそのままの状態ですぐに営業できる店舗で、造作譲渡料は前の借主に対し支払うことが一般的です。

造作譲渡料

店舗物件の種類

引渡状態で店舗物件を区分すると以下のようになります。

①有償の居抜き店舗

現借主に造作物の対価として造作譲渡料を支払う店舗物件です。営業中であったり、閉店していてもすぐに営業できる状態の店舗に多くみられます。

有償の居抜き店舗

②無償の居抜き店舗

閉店しすでに解約となっている店舗物件が多く、厨房機器や設備が通常に使用できるか不明なケースが多くみられます。

無償の居抜き店舗

③リース店舗

貸主が造作を造り、すぐに営業できる状態で貸し出す物件です。スナックなどに多くみられます。

リース店舗

④スケルトン

一昔前はスケルトン状態で貸し、スケルトン状態に戻し解約することが一般的でした。スケルトン状態とは、コンクリート打ちっぱなしで造作、設備の状態です。 

スケルトン

居抜き店舗のメリットとデメリット

居抜き店舗のメリット

初期費用が抑えられる!

飲食店をスケルトン状態から造ると、工事業者にもよりますが坪60~80万円と言われており、15坪のお店で900~1200万円の工事費かかるということです。その大半が厨房区画の排水・防水・排気設備居抜きで厨房区画をそのまま利用することでコストダウンが可能となります。

開店までの時間短縮!

コストと同様、工事に一番時間を要すのが厨房区画の工事であるため工事期間を短縮することが可能となり、無駄な賃料の支払いも軽減できます。

居抜き店舗のデメリット

レイアウトに制限

厨房区画を壊すと費用が嵩むため、厨房区画の位置を変更することができず、自由に設計することは難しくなります。

設備(厨房・エアコン等)の不具合

中古の物品になるため、いつ不具合が起こるか分からないというリスクがあります。借りた時は普通に動いていたのに、オープン1ヶ月で故障してしまうということもあります。

居抜き店舗レストランの4大特徴

イヌッキー
どこにも出てない物件情報を定期的にご紹介します。 新着物件情報をメール・アプリでどこよりも早くご紹介します。 担当制で未公開情報をいち早くご紹介します。 単に物件情報を紹介するだけでなく、繁盛できる物件をご紹介します。

居抜き店舗レストランは、専門の営業スタッフが様々なルートから未公開情報を仕入れ、会員様へどこよりも早くご紹介すること、また、物件の紹介だけでなく繁盛店となっていただくことを使命として活動しております。 お客様に最適な物件をご紹介すべく担当制としておりますので、どのようなお店を出店されたいかを営業スタッフにお知らせいただけると幸いです。

今すぐ問い合わせる
今すぐ会員物件を見る
無料査定・ご相談お受けいたします
店舗開発代行 4大サービス

会社概要

株式会社MOTORE

東京都 渋谷区 広尾1丁目11-2
アイオス広尾ビル 3F
JR山手線「恵比寿駅」より徒歩7分
東京都知事(1)第96644号

TEL : 03-5795-1150
FAX : 03-5795-1151
営業時間 : 10:00~19:00
定休日 : 日曜日・祝日定休

35.648254 139.715347

居抜き店舗レストランは首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)の居抜きの店舗物件を中心に掲載している賃貸物件サイトです。ラーメンや焼肉、居酒屋やレストランなど数多くの居抜き物件を掲載しています。

店舗の居抜き物件を探している方は居抜き店舗レストランへ!

ページトップへ